なくても良いなんてことはない

ねじを閉める時に、金属製の穴が開いたものを噛ませるのが普通となります。
この金属製の物の正式名称はワッシャーといいます。
あまり耳慣れない名前であることと、必要性がイマイチ分からないために知らない人が多いと思います。

あとはキャップボルトです。
キャップボルトはねじの上に被せるものですが、これを自分で購入して被せるという人はまずいないでしょう。

このキャップボルトやワッシャーと呼ばれるものは、ねじを支えるのにとても必要なものであるため、絶対につけておくほうが良いです。

ワッシャーやキャップボルトと呼ばれるものはとても大切ですが、ねじというのもおろそかにしてはいけません。
いくらワッシャーやキャップボルトが良かったとしても、ねじが悪ければどうにもならないからです。

この3つの道具のどれが欠けたとしても、ねじの役目である物を締め付けるということが不十分となってしまいます。
今日は、ねじ、ワッシャー、キャップボルトというものがそれぞれどのような役割を持っているのか、どのように役立っているのかを説明していきたいと思います。
これらの道具というものは、3つ揃ってこそとなります。
そのため、これらを必ず購入し、3つ揃った状態にしていきましょう。

外部おすすめリンク

キャップボルトの購入はここの店舗へ:ウィルコ

アーカイブ
カテゴリ
  • カテゴリーなし